本文へスキップします。

H1

やすらぎ浪漫コース(小石川 MAP)

やすらぎ浪漫コース(小石川 MAP)

やすらぎ浪漫コース(小石川 MAP)

  • 1石川啄木終焉の地 歌碑・顕彰室
  • 2播磨坂さくら並木
  • 3小石川植物園
  • 4傳通院(でんづういん)
  • 5北野神社(牛天神)
  • 6小石川後楽園
  • 7源覚寺(こんにゃくえんま)

所要時間:徒歩約1時間2分

  • 下記に表示されている写真をクリックしますと、詳細な所在地図が表示されます。
  • ページ上部の「マップ」ボタンをクリックすると、コース全体の地図がデジタルパンフレット形式にて表示されますが、通信環境によってはスムーズに動作しない場合がありますので予めご了承ください。
  • 各施設のタイトルに表示されている「F-7」等の表示は、ページ上部の「マップ」ボタンをクリックすると、表示されるコース全体のデジタルパンフレット形式地図のグリッド番号です。

【参】最寄駅凡例

最寄りの交通機関・凡例
  • -東京メトロ丸ノ内線千代田線南北線東西線有楽町線
  • -都営地下鉄三田線大江戸線
  • -JR   
  • -バス停バス停

コース

1石川啄木終焉の地 歌碑・顕彰室D-4

石川啄木終焉の地・歌碑・顕彰室

詩人・歌人・評論家としても有名な石川啄木は、明治45年4月13日、結核症により26歳の若さでこの地で亡くなりました。この場所には啄木最後の歌の歌碑と啄木と文京区のかかわりを中心とした写真やパネル・年表等を展示した顕彰室が、歌碑に隣接する高齢者施設内に設置されています。

石川啄木終焉の地 歌碑・顕彰室

  • 小日向5-11-8
  • TEL03-5803-1174(アカデミー推進課観光担当)
最寄りの交通機関
  • 茗荷谷
  • 都02・都02乙小日向四丁目

2春の色香に心やすらぐ播磨坂さくら並木D-4

播磨坂さくら並木

第二次大戦後の区画整理でできた「環状3号線」の一部として整備され、この地にあった松平播磨守の上屋敷にちなんで「播磨坂」と名付けられました。1960年に約150本の桜の木が植えられ、地元の人々の手で育てられ、立派な桜並木に成長しました。

播磨坂さくら並木

  • 小石川4丁目と5丁目の境
最寄りの交通機関
  • 茗荷谷
  • 都02・都02乙小日向四丁目

3日本最古の植物園小石川植物園D-4

小石川植物園

5代将軍綱吉の館林城主時代の別邸(白山御殿)の地。1684年に小石川御薬園となり、1722年園内に小石川養生所を創設。1877年には東京帝国大学の附属となり、植物の実地研究の場となりました。旧東京医学校本館(重要文化財)が移築・保存されています。

小石川植物園

  • 白山3-7-1
  • TEL03-3814-0138
最寄りの交通機関
  • 茗荷谷白山
  • 上60・都02乙小日向四丁目

4徳川ゆかりの女性たちを偲ぶ伝通院E-5

伝通院

正式名は、無量山伝通院寿経寺。1602年、徳川家康が生母・於大をこの地に葬り、その法名「伝通院殿」から伝通院とされました。境内には於大、千姫をはじめ、徳川家ゆかりの女性の墓が数多くあります。

伝通院

  • 小石川3-14-6
  • TEL03-3814-3701
最寄りの交通機関
  • 後楽園後楽園春日春日
  • 都02・都02乙・上69伝通院

5お告げ跡の牛石を拝む北野神社(牛天神)D-6

源頼朝が東征の際、夢に道真が現れ2つの吉事を告げられ、その後お告げのとおり子ができ、平氏討伐を果たしたため、1184年頼朝はこの地に社殿を造営したといわれています。社殿の前には、夢で道真の立った跡にあったという牛の形をした石があります。

北野神社(牛天神)

  • 春日1-5-2
  • TEL03-3812-1862
最寄りの交通機関
  • 後楽園後楽園春日春日飯田橋飯田橋飯田橋飯田橋飯田橋
  • 上69大曲

6特別史跡・特別名勝小石川後楽園E-6

小石川後楽園

水戸徳川家の上屋敷内の庭園。1629年に水戸初代藩主頼房が着手し、2代光圀が受け継いだもの。中国趣味豊かな回遊式築山泉水庭園で、園名は中国の「岳陽楼記」の中の「天下の憂に先んじて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名付けられました。

小石川後楽園

  • 後楽1-6-6
  • TEL03-3811-3015
最寄りの交通機関
  • 後楽園後楽園春日春日飯田橋飯田橋飯田橋飯田橋飯田橋
  • 飯62都営飯田橋駅

7えんま様に眼病治癒を祈願する源覚寺(こんにゃくえんま)E-5

源覚寺(こんにゃくえんま)

宝暦(1751〜64)の頃、目を患った老婆にえんま様が自分の右目を与えて目を治し、老婆は自分の好物の「こんにゃく」を断ってお礼に供えたといわれています。以来、眼病治癒祈願に訪れる人が絶えず、別名「こんにゃくえんま」と呼ばれ、広く信仰を集めています。

源覚寺

  • 小石川2-23-14
  • TEL03-3811-4482
最寄りの交通機関
  • 上60小石川二丁目

春日・後楽園・水道橋
所要時間:徒歩約1時間2分
※表記散歩時間は目安です。
※見学時間は含まれていません。